• HOME »
  • 会社概要

会社概要

社名 株式会社 大津技研
設立 1985年(昭和60年)7月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 木村哲也
所在地 熊本県菊池郡大津町大林1447-1
TEL 096-293-0753
FAX 096-293-5592
http://www.oozugiken.co.jp
事業内容 輸送機器・汎用機器部品の仕上げ・羽布研磨・機械加工
船舶関連部品の仕上げ・羽布研磨・機械加工
IT関連機器部品の仕上げ・羽布研磨・機械加工
アルミを中心とした各種金属、プラスチック樹脂製品の仕上げ・羽布研磨・機械加工
上記同部品の納入代行
公共構造物の仕上げ
上記業務の社外派遣・請負業務
林業・農業
社員人数 125名(平均年齢39.6歳)2014年12月現在

主要設備(グループ含)

  設備名称   メーカー   台数
縦型マシニングセンタ(1,500×760×H660) 大隈豊和
縦型マシニングセンタ(320×220×H250)/(560×430×510) 豊和工業/ヤマザキマザック
縦型マシニングセンタ(560×560×630) 森精機/OKK
複合型NC旋盤 森精機
汎用フライス盤 大隈/静岡鉄工所
汎用旋盤 日立精機/大隈
多関節ロボット 豊田工機/他
羽布レース機 伊藤武鉄工所/他 11
ボール盤・多軸ボール盤 ASHINA他 10
スチールショットブラスト機 新東ブレータ
ハンドショット機 大晃機械工業
エンドレス機・卓上エンドレス機 小坂精機/他 15
三槽式超音波洗浄機 三桂機械
微細バリ取りロボット 自社開発/プレシード
三次元測定機 東京精密
デジマイクロ測定器 Nicon

沿革

1985年 7月 熊本県菊池郡大津町大林にて有限会社 大津技研を設立
1985年 9月 工場完成・自動二輪関連部品の仕上げ・羽布研磨業務を開始
1989年 6月 九州柳河精機 株式会社の構内にて業務を受注開始
1994年 10月 自動車関連部品の加工業務を開始
1998年 4月 事務所・工場増設(大津町 大林)
1998年 9月 船舶関連部品仕上業務を開始(八代事業所)
2000年 6月 半導体製造装置部品の組立加工およびマグネシウム素材部品(携帯電話等)の機械加工・研磨仕上げ業務を目的として関連会社「九州マグテックス 有限会社」を設立
2000年 7月 株式会社へ商号変更(資本金1,000万円へ増資)
2002年 9月 熊本県菊池郡旭志村川辺に工場・事務所を開設(旭志工場)
2003年 1月 二輪部品を中心に少量・多品種の製品に対し、仕上・羽布業務を開始(600品目/100万パーツ/月生産)
2003年 2月 多間接ロボットを導入しコスト・品質・生産量・製品変化に対応する為、半自動の生産システムを立ち上げる
2004年 4月 多間接ロボット計6台増設
2004年 10月 ISO 9001 取得<登録証番号:JQAーQMA11703>
2007年 6月 汎用関連部品仕上げ業務の客先構内請負開始(大津事業所)
2009年 2月 エコアクション21 認証・登録(本社・旭志工場・九州マグテックス)
2009年 9月 熊本県菊池郡大津町大林1447-1にて森林事業部開設
2013年 1月 公共構造物(マンホール等)仕上げ業務を開始
(客先構内請負/佐賀事業所)
PAGETOP
Copyright © 株式会社 大津技研 All Rights Reserved.